MENU

レーザー手術

レーザー機器
出血、痛み、感染のリスクが少ないレーザー手術

レーザー手術は、出血、痛み、感染の危険性が少なく、術後の回復も早い手術法です。このため、避妊・去勢手術やそのた多くの手術は日帰りで手術が可能です。また、無麻酔でのイボとりや今までは危険性が高く困難だった短頭種(鼻がペチャンコの犬種)の軟口蓋過長(のどの奥の部分が長く垂れ下がり呼吸困難になる状態)や狭窄性鼻孔(鼻の穴が狭くて呼吸がしにくい状態)の手術も出血がほとんどなく行えます。これぞCO2レーザーの最も得意とする手術です。

通常のメスとレーザーによる手術写真

レーザー手術を行うメリット

レーザー手術では、高度に集光させたレーザービームを利用して生体組織を効果的に切除することができます。同時に、それは毛細血管、小血管、リンパ管、そして神経末端をシール(溶接)するため患者と外科医の双方に大きなメリットがあります。また、レーザーには光の波長によって様々なものがあり、その中でも軟部組織手術で一般的に使用されているのが10600nm(ナノメートル)波長のCO2(炭酸ガス)レーザーです。その波長10600nmは、軟部組織に多く含まれている水に非常によく吸収されます。その優れた汎用性と精度のためこのレーザー手術は広く人間と同様に獣医学の多くの症例で実施されています。

手術を受ける患者にとってのメリット

手術写真
少ない出血

切開と当時に小血管をシールするため出血を大幅に減らし、従来のメスでは難しかった出血の多い手術の数々を可能にします。

少ない痛み

レーザービームが神経末端とリンパ管もシールするため、その結果浮腫と痛みを少なくします。それゆえ患者は術後の回復がはるかに快適になります。

感染リスクの低減

これはレーザービームのユニークな特徴の一つであり、レーザーを照射した場所の細菌をも殺してしまうため効果的に無菌状態を作り出します。

迅速な回復時間

感染リスクの軽減、少ない出血、少ない痛みと腫れによって手術後の素早い回復を可能にします。

手術を行う外科医にとってのメリット

レーザー手術を行う外科医
広がる手術の可能性

レーザー手術ではリスクが減るために従来の方法と比較してさらに多くの手術が可能になります。

見やすい手術野

出血が少ないため、結果的に手術部位が見やすくなり安全性が増します。

精度と操作性が増す

レーザービームの焦点サイズを調節することにより、ごく小さなエリアからさらに広いエリアまで正確に切除することが可能になります。

手術時間の短縮

レーザーによる止血効果とそれによる手術部位の見やすさの向上は、結果的に手術時間を減らすことになります。

レーザー手術で行える手術の種類

レーザー手術で行える手術の種類

レーザー手術では、全ての手術が行えます。つまり、皮膚や筋肉を切開する以外に、体表面の腫瘍の切除、胃腸や肝臓などの消化器系の手術や膀胱や尿道などの泌尿器系の手術、さらに眼科や耳鼻咽喉科の手術などの精密な手術も行えます。また、炭酸ガスレーザーの波長では、整形外科の手術(膝蓋骨脱臼、前十字靭帯断裂、骨折など)もこの種類のレーザーでは可能であり、通常の方法よりも出血が少なく術後の経過も良好となります。さらに、口腔内の手術もとてもクリーンに行なえます。その他、小さなイボなどは局所麻酔だけで取り除くことができます。

猫の難治性口内炎
猫の難治性口内炎

最近の海外での報告では、今まで治療管理が困難であった『猫の難治性口内炎』の治療の一選択肢として、炭酸ガスレーザーによる病変部のアブレーション(蒸散)が有効であると言われています。

レーザー手術の症例はこちら

レーザー治療

治療風景とレーザー機器
痛みを和らげ、炎症や腫れも減らすレーザー治療

レーザー治療は、アメリカでは一般的な治療として認識され、メジャーリーガーをはじめ多くのプロアスリート達もレーザー治療を受けており、今では人間だけでなく、ペットの治療としても幅広く行われております。
使用されるレーザーは、主に体の奥深くまで浸透できる、近赤外線波長のダイオードレーザーが使われ、その効果は、多くの研究論文によっても科学的に証明されてますが、主な効果・作用としては、痛みを緩和したり、炎症を抑えられることです。さらに、治りにくかった傷や骨の治癒を加速することや、繰り返し治療を受けても副作用がなく、治療中も刺激や違和感も無いため、とても快適に受けられるというすぐれものです。

当院では、最先端のレーザー機器を私自身がアメリカからから初めて導入し、どこの動物病院よりもいち早くレーザーによる手術や治療を実践しています。
これらの素晴らしい最新技術を取り入れることで、治療を受けるペット自身、そしてその飼い主、さらには治療を行う獣医師、その誰もがストレスが減り、最適な治療をご提供できると信じております。
日本のペットたちにも、その先進的で、体への負担の少ない治療法の恩恵を受けさせたいと一心に願っておりますが、やはり、専門家ではない方にとっては難しいと感じられる部分も多く、他のレーザー治療機との違いも、分かりにくいかと思われます。そのため、当院では様々なご質問やご相談にも極力お応えできるよう体制を整えています。

レーザー治療の代表的な適応症

この種類のレーザーの特性として、体外から組織内部へと浸透し炎症や痛みを抑える作用があります。
代表的な症例として、以下のような症例がございます。

レーザー治療の代表的な適応症

猫の関節炎の説明

最近では、高齢の猫に多い関節炎に有用と言われており、従来は猫に対して長期的に安全に使える薬がないために治療が難しかったのですが、このレーザー治療を行うことで安全に長期的に治療をすることができます。

その他の応用レーザー処置

最後に、通常のレーザー手術やレーザー治療以外でレーザーを使用して応用可能な処置についてご紹介いたします。
これらは、手術用の炭酸ガスレーザーとは別の種類のダイオードレーザーという近赤外波長のレーザーを用いて行います。このレーザーでは光線を非常に細い光ファイバーを通して運ぶことができるため、様々な用途に応用できます。

歯周ポケット内殺菌

歯周病はペットにおいて非常に多い病気であります。そのため、通常治療するためには、口の中をクリーニングするために歯石を取り除いたり消毒したりします。そこで、当院ではその他に歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の隙間まで殺菌するために、レーザーファイバーを歯周ポケットに挿入してレーザーを照射するという処置を行うことができます。

歯周ポケット内殺菌

経皮的椎間板減圧術(PLDD)

これは、ダイオードレーザーを使用した経皮的椎間板減圧術(PLDD)です。つまり、椎間板ヘルニアで後肢が麻痺している状態ですが、飛び出して脊髄神経を圧迫している椎間板物質を引っ込めるために体表面から針を椎間板の中心に差し込み、レーザーファイバーを使ってレーザーで椎間板の中央部分を蒸散し圧を下げるという処置です。