MENU

耳道洗浄と耳の腫瘤切除、肛門周囲腫瘤のレーザー日帰り手術をうけられた11歳アメリカンコッカースパニエルの男の子

[2024年05月13日]

今回ご紹介させていただくのは、耳道洗浄と耳の腫瘤切除、肛門周囲腫瘤のレーザー日帰り手術をうけられた11歳アメリカンコッカースパニエルの男の子です。

以前より、耳のところに3センチほどの大きな腫瘍があり、そこから出血してジュクジュクしている、他にも3つほど腫瘍が耳にできている。

本人も気にして搔いてしまう。なんとかならないかとご相談にご来院されました。

診察させていただくと、腫瘍が自壊しており、そこが感染をうけてジュクジュク分泌液が出ていました。また肛門の周りにも腫瘍ができていました。

慢性的に外耳炎をおこしているようで、耳道内が狭窄してしまっており、重度の外耳炎もおこしていました。

 

レーザーを用いて手術を行い、4か所の腫瘍切除と外耳道の耳道洗浄も同時に行い、元気に日帰りで帰られました。

術後は出血もなく、食欲もあり、順調です。

お預かりするだけで、ストレスをうけやすく下痢をしてしまうわんちゃんなので、入院にならずになによりです。

手術前

手術後