MENU

肛門膿炎(日帰り手術)

今回ご紹介させていただくのは、7歳のチワワの男の子です。

お尻の横が腫れており、お尻をズリズリと擦るという事でご来院されました。

診察させていただくと、肛門膿炎をおこしてしまっており、肛門の横が腫れあがってしまっていました。

膿がぱんぱんに溜まってしまっており、少し触るだけでも痛みがありキャンキャンと鳴いていましたので、排膿しレーザーでアブレーションを行いました。

術後は調子もよく、お尻を痛がる様子もなくなりオーナー様も安心された様子でした。

これからも元気に長生きしてもらいたいと思います。