MENU

肛門嚢切除(日帰り手術)

今回ご紹介させていただくのは、10才のミニチュアダックスフンドの男の子です。

肛門嚢の炎症と感染により肛門横の皮膚が破けて血膿がでてきてしまっている状態でした。

洗浄や内服などの治療を行いましたが、落ち着ききらずに何度かぶり返してしまった為、手術を行う事になりました。

レーザーを用いて肛門嚢の切除を行いました。出血や腫れ、痛みを最小限に抑え日帰りで手術する事ができました。

術後の経過も順調で、傷もとてもキレイに治りました。

こちらが抜糸後の写真です。

これからはお尻を気にすることなく快適に生活していただけると思います。