MENU

オトスコープによる耳内治療

今回ご紹介させていただくのは、7歳のフレンチブルドックの男の子です。

以前から外耳炎があり、繰り返し治療を行っていたそうです。

当院ではオトスコープを導入しており、外耳炎の治療の際に耳内の炎症や鼓膜の様子、汚れなどをより詳しく知る事ができます。

こちらがオトスコープで撮影した耳の様子です。

耳の中に分泌物がびっしりと溜まっている事がよくわかります。さらに、鼓膜手前には毛も存在しており、これも外耳炎の素因になります。

ワンちゃんの耳はL字型になっており、外から覗いただけでは中の様子がわかりません。

オトスコープを使うと鼓膜まで様子がしっかりとわかり、治療にとても効果的です。

慢性外耳炎や治りにくい外耳炎がある場合には、このオトスコープによる耳内治療で耳道内をきれいに洗浄したり、鼓膜付近の毛を取り除いたり、ポリープがある場合は、レーザーのファイバーで切除したりすることで治癒しやすくなります。

こちらが、耳道を洗浄した後の写真です。分泌物もなくなりきれいになっています。

CH00_20160404_1439455

オトスコープによる外内治療をご希望の方はお電話にてご予約のうえご来院ください。